公道小机368(参道)整備の終了

右側設置の手摺り

平成27年6月29日(再提出・同年7月22日)に岸根町町内会長と奉賛会会長が連名で要望した「公道小机368(参道)整備」は、本日(3/24)手摺り設置工事がほぼ終了したことを確認いたしました。

「公道小机368(参道)」は、以前から十分な管理が行わていなかったため、両側の立ち木が生茂り、昼でも薄暗く、また石段の幅が小さく、乱雑に、かつ傾く等歩くことに不安、危険を感じる公道でした。このような状況を改善し、安心して利用できるよう整備要望を行いました。

この度は、道路管理を行う港北土木事務所・職員の皆様の努力により、危険回避緊急工事として手摺り設置工事が行われ、登り降りの際には、しっかりした手摺りに掴まり安全に歩くことができるようになりました。また、隣地の方には、立ち木の伐採を行なって頂きましたので、足元も明るくなり、石段一つ一つを確認しながら歩けるようになりました。しかし、石段の乱雑に、かつ傾いた状況は、改善されておりませんので、十分注意されて歩かれますようお知らせいたします。(奉賛会・後藤)

二段目・階段の手摺り
一段目・階段の手摺りと鳥居

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください