ご奉賛のお願い

創建500年記念事業の趣旨

平成37年(2025)秋、杉山神社は、町民のまごころを頂き岸根の地に創建されてより500年の佳節を迎えます。

神社創建500年記念事業は、当神社が今を去る大永5年9月(西暦1525年)この地に草創されたことに鑑み、往時の町民がどのような考えからこの地に杉山神社を迎えたか、真摯に考える機会にします。

岸根町は、往時の人々が想像できない目覚ましい変化があり、発展して大勢の人々が居住し、氏神様である杉山神社の場所も歴史も知らない人もおります。

このことを踏まえる記念事業「舞殿並びに山車小屋建設・拝殿修復・境内整備」は、岸根町に居住する皆様に杉山神社を理解して頂くとともに、今後50年、100年の杉山神社・姿を展望し、鎮守の杜の保全、形態の充実、耐久性の確保を目的にする大事業です。

岸根杉山神社
岸根杉山神社

舞殿等の必要性

従来町内会が中心になり行われていた「岸根まつり」は、奉賛会と平成27年3月に「杉山神社における祭礼に関する覚書」を締結し、同年秋から町内の団体である町内会、奉賛会、むつみ会、ゆうゆう会が祭礼実行委員会を組織し、囃子連の協力を得て「杉山神社御祭礼」として実施することになりました。

しかし、御祭礼時の舞台づくりは、協力者が高齢化し、技術者も少なく、事故発生の危険度も高まる等実態を考えるとこれらの課題を解消するために恒久施設の必要性があります。

さらに、拝殿の修復工事は、昭和55年に新築以来約37年を経過して屋根 (コンクリート桁のひび割れ、アスファルトシングル葺の粘着劣化等)の傷みもあって雨漏りがあり、雨水の浸食から扉木部の傷み、色むらが進んでおり、この劣化問題を解決するためには、葺き替え、塗り替える等を実施する必要性があります。

建替え前の拝殿・昭和50年ころ

また、境内は、鎭守の杜として大切に保全され、豊かな自然を育んで町内皆様の憩いの場所になっています。一方、樹木は、日々成長し、枝葉を広げ強風や台風の際には倒木の危険もあるため、剪定等を実施する必要性もあります。

なお、建替え前の拝殿は、木造藁葺きの建物であり、昭和55年(1980)に崇敬者から寄せられたご浄財により鉄筋コンクリート造に新築され、現在に至っております。(写真は、建替え前の拝殿・昭和50年ころ)

これらを目的に諸施設の整備を行うことになりましたが、 本事業は、杉山神社の将来を見すえた大事業であり、その遂行に多額の資金を要します。

つきましては、崇敬者の皆様には本事業の趣旨をご理解頂きまして、何卒、格別のご奉賛を賜りますようお願い申し上げます。

平成30年10月吉日

 

創建500年記念事業実行委員会
委員長:後藤 典重
横浜市港北区岸根町685-7 電話:045-481-5832

創建500年記念事業実行委員名簿

奉賛会関係の実行委員 (役員)

役職名氏名
会長後藤 典重
副会長沖山 進一伊藤 暢博浜田 正二
会計岩田 清
幹事山本 賢造三田 敏幸
顧問岩田 泰明

奉賛会関係の実行委員 (世話人)

1組2組3組4組5組6組7組
伊藤 暢博山川 政行田中 勝也浜田 隆横溝 一則三田 敏幸長田 佳昭
8組9組10組11組12組13組14組
伊藤 一弘永井 里司山﨑 登志郎金子 正義蔵方 弘之川西 治男秋月 智

岸根町団体関係の実行委員

岸根町町内会岸根町囃子連岸根町消防団JA横浜岸根支部
副会長:西倉真人会員:伊藤  武夫班長:岩田 正吾支部員:市川 和枝

※H30-9-3現在

岸根杉山神社創建500年記念事業 奉賛金募集要項

目的

奉賛金は、杉山神社の将来を展望し、形態の充実、耐久性の確保、鎮守の杜の保全を目的にする記念事業「舞殿並びに山車小屋建設・拝殿修復・境内整備」工事の諸費用として活用する。

目 標 額

募金目標額は、2,000万円とする。

対 象 者

奉賛金の募集は、杉山神社の会員、賛助会員、事業者会員、その他記念事業に賛同する方を対象に実施する。

募金期間

平成30年10月6日から目標額達成するまで行う。

申込方法

記念事業に賛同する方は、別紙添付した「奉賛金申込書」に必要事項を記入し、創建500年記念事業実行委員会に提出する。なお、「奉賛金申込書」を提出された方で、奉賛会に入会ご希望の方の年会費1,000円は、今年度分を免除する。

納入方法

奉賛金の納入は、別紙「奉賛金申込書」に基づき、現金または口座振込を選択して創建500年記念事業実行委員会(杉山神社奉賛会)に納入する。
(*口座振込以外の奉賛金は、創建500年記念事業実行委員が領収書と引き換え に受領する。)

収支管理

奉賛金の管理は、新たに開設する預金口座「創建500年記念事業実行委員会(杉山神社奉賛会)」に預け入れ、必要により支出する等で行う。

奉賛金に対する待遇

奉賛頂いた方の芳名は、神社内に永久保存する。また、ご奉賛の方は、芳名を総会等会議資料に掲載し、そのご功績を顕彰する。なお、感謝状、記念品の待遇は、事業完成後に行う。

奉賛金申込書

岸根杉山神社創建500年記念事業の奉賛金申込書は下記ボタンをクリックして、申込書をプリントアウトしてご利用ください。

奉賛金申込書はこちら