イベントカレンダー

読み込み中... 読み込み中...

会長のあいさつ

岸根囃子連 渡辺 会長

岸根囃子連:渡辺会長

岸根町に今も伝わる唯一の伝統文化岸根囃子は、先輩師匠達の言い伝えによると、大正天皇御大典に囃子で御祝いをしたと云う事から既に此の時期に存在していたということになり100余年になります。

平成27年に第64回横浜文化賞を受賞し、その祝賀会を開催したところ、関係者各位始め多くの方々のご来賓を賜り盛大に開催出来ましたことを厚く御礼申し上げます。

会員には、26名が存在し、週1回稽古に励んでいます。

年間行事には、お正月の獅子舞、これは当町内の希望する夫々の家庭に、今年1年の無病息災を念じて廻ります。初午、当町内に祀ってあるお稲荷さんの家庭からの依頼により、お囃子を奉納致します。

稽古風景

稽古風景

祭礼、当町内の鎮守様杉山神社祭礼には、山車によって町内を練り歩きます。

結婚式等々依頼される所には、獅子舞を披露し好評を博しています。

横浜文化賞の対象となりました海外遠征は、横浜市が友好姉妹都市として交流行事を数多く企画した都市に参加致して地元市民と交流して多大な成果を上げる事が出来ました。

私たちは、週一の稽古に励んでいますが、未だまだ未熟者でございます。更なる目標に向かって覚悟で精進致します。

平成28年9月吉日
岸根囃子連 会長 渡辺道春

岸根囃子のご紹介

岸根囃子連の仲間たち

岸根囃子連の仲間たち

岸根囃子は、横浜市港北区岸根町に祭囃子として昔から受け継がれている郷土芸能です。演奏される調べは、賑やかな中にも格調の高い囃子として地域の方々に愛されています。

昭和58年に、横浜市教育委員会から横浜市無形民俗文化財保護育成団体として認定され、地域に根ざした活動を行うと共に、「ふるさと岸根」の文化遺産として次の世代に伝える取組みも行っています。

活動の中心は、神社の祭礼やお正月の獅子舞となっていますが、地域で行う各種イベントや学校行事、敬老会や施設への慰問等にも積極的に出演し、多くの方々から喜ばれています。

岸根囃子連 横浜文化賞受賞祝賀会

第64回横浜文化賞を受賞

また、1986年と1995年にカナダのバンクーバー市、1989年・2004年・2014年にフランスのリヨン市、2007年には米国のサンディエゴ市、昨年(2016年)10月には中国の泉州市に、横浜市の国際親善訪問団の一員として訪問し、国際親善にも一役買っています。

平成27年(2015年)には、地域文化の振興と国際交流に貢献したことで、第64回横浜文化賞を受賞いたしました。

祭囃子の曲目は、「打ちこみ」に始まり、勇壮な「はや」「乱拍子」が続き、やがてゆったりとした「鎌倉」「国がため」に入る。続いて「師調目」「玉入れ」に変わり、陽気な「岡崎」や「はや」などが演奏され、「上がり」で終了となります。

獅子舞では、お座敷での居囃子による獅子舞や、二丁太鼓による獅子舞などが演じられます。

祭礼囃子の由来

お囃子

お囃子 演奏風景

神社の祭に欠くことができないのが祭囃子である。そのリズムや音色は我々日本人の心を快くし、また郷愁を呼び覚ましてくれる。この祭囃子はいったいいつから存在したのであろうか。ここに明治28年に発行された文献が残っている。それによればおおよその由来は次のとおりである。

ことの始まりは鎌倉時代に溯る。源頼朝が鎌倉に鶴岡八幡宮を建立したとき、それまでは大奥や武士の技芸であった五人囃子を、そのお祝いの大祭で雑曲を演奏し又舞ったのが祭囃子の起源となり、以降、相模の国一の宮である寒川神社をはじめとし、近在近郷の神社の祭礼には必ず囃子が演奏されるようになったと記されている。当時に演奏された曲目は、鎌倉、国堅、昇殿、大間昇殿、宮昇殿、破矢、師調目、能懸、都津波、宮鎌倉、麒麟、階殿、活光等とされ、この多くの曲目は現在も残っている。

岸根囃子連

足利の時代は戦国の世となり、神事祭礼も往々にして欠くとともに、祭囃子も衰退していったようであるが、徳川家康が天下を制し世の中が平和になるにしたがい、祭礼も次第に賑わいを取り戻し、氷川神社、神田神社、芝神明社等の大祭には山車が繰り出し、これを賑やかすに必ず祭囃子と舞子が添えられていたとされている。これらの祭りには時として将軍や諸大名が見物されたとも記されている。

江戸時代は日本文化が花開いたときといわれているが、祭囃子もよき時代を迎えた。各神社の祭礼が盛大になるにしたがい、諸国の祭囃子名人と言われる人達が江戸に集まり、祭礼にはその名人達により新囃子が演奏され、興隆を極めたとされている。当時、新曲とされてものに、江ノ島、安宅崩、矢車、金獅子、本間矢車、大幕、本間崩、麒麟崩、下がり葉等とされている。

明治以降に関しての記述はないが、江戸時代の祭囃子が各地の囃子連中に引継がれ、時代の流れとともに変化し、また原形を残しながら現代に伝えられているものと思われる。

岸根囃子のあゆみ

年号出来事
明治30年頃東京都荏原郡馬込村(現東京都大田区雪ヶ谷)より鈴木万蔵氏が来村し、洗足囃子を伝授す。
大正4年大正天皇御大典の祝賀行事開催時、祭囃子を献上する。
昭和元年第3代目新稽古始。
昭和22年第4代目新稽古始。
昭和47年10月第5代目新稽古始。
昭和48年稽古場を伊藤自動車2階へ移転。
昭和49年1月岸根町内獅子舞巡行復活
昭和51年4月連中親睦旅行(伊豆湯ヶ島たつた旅館)
昭和53年5月連中親睦旅行(飯山温泉元湯旅館)
9月袢纏新調
10月岸根杉山神社御祭礼に子供会との共催により山車巡行復活。
11月第6代目新稽古始。
子供連中新稽古募集。
昭和55年10月城郷小学校80周年記念式典に出演
昭和56年6月小机城址子供村行事参加
連中親睦会 早戸川国際マス釣場
9月子供御神輿手作りにて作成
10月弓張提灯新調。
昭和57年5月連中親睦会 早戸川国際マス釣場
7月日本放送『玉置宏の笑顔でこんにちは』で取材を受け放送される。
8月日本の祭り『祭り囃子腕くらべ』に出演(神宮外苑)
昭和58年11月貴雲寺 山門上棟式
昭和60年10月自走式山車 完成。
11月貴雲寺 落慶法要
昭和61年5月袢纏新調
連中親睦潮干狩り(千葉富津海岸)
6月岸根音頭を復活させる。
8月バンクーバー国際交通万博に参加
昭和62年5月三吉演芸場出演
連中親睦潮干狩り(千葉富津海岸)
9月新稽古場完成
11月横浜市民俗芸能大会(港北公会堂)
港北区民まつりに出演
平成元年5月開港800年祭記念行事
ドイツハンブルグ・フランスリヨン
7月横浜博覧会に出演
平成2年8月ソシア21 3周年記念に出演
10月城郷小学校90周年記念祝賀会に出演
11月岸根高校特別授業に出演
平成3年8月東京雪ヶ谷囃子訪問
10月第1回新横浜パフォーマンス91’に出演
平成4年2月第7代目新稽古始。
11月第5代目新稽古20周年記念イベント開催(ソシア21)
新稽古20周年の記念誌 『岸根の囃子』発刊
平成5年4月第1回小机城址まつり パレードに参加
5月港北区生きがい作業従業者慰安大会(区老連)
平成6年第8代目新稽古始。
4月浜田喜陽師匠 叙勲 祝賀会
9月連中親睦会 横浜港屋形船(正義丸)
平成7年6月バンクーバー 姉妹都市提携30周年記念行事
平成8年2月第9代目新稽古始。
平成9年5月第45回 国際仮装行列  初参加
平成10年5月第46回 国際仮装行列 参加
平成11年5月第47回 国際仮装行列 参加
平成12年5月第48回 国際仮装行列 参加
平成13年第10代目新稽古始。
5月第49回 国際仮装行列 参加
大相撲 第9代武蔵川部屋 朝稽古見学
11月横浜北農協まつり
港北区い~も煮会
平成14年2月城郷小学校 獅子舞披露
4月袢纏新調
5月第50回国際仮装行列
Yokohama・パレード  『ハマッパレ』
12月岸根・篠原地区音楽交流会(篠原中学校)
平成15年5月連中親睦会
潮干狩り(千葉金田海岸)・マザー牧場
10月新横浜駅『のぞみ』停車記念イベント
横浜市老人会設立40周年記念祝賀会 (横浜文化体育館)
平成16年9月小机愛宕 御祭礼
10月港北区防犯のつどい(小机小学校)
11月リヨン市姉妹都市提携45周年記念行事
平成17年11月第1回すこやか祭(岸根高校)
全国豊かな海づくり大会(みなとみらい) 天覧囃子
平成18年1月港北区賀詞交換会(新横浜プリンスホテル)
港北区消防出初式
10月三田佐一師匠 謝恩旅行 (箱根強羅 まとい荘)
11月リヨン市長 歓迎レセプション(横浜市庁舎)
平成19年10月サンディエゴ姉妹都市提携50周年記念行事
平成20年6月JRA新横浜ウインズ 落成記念
9月新吉田 若雷神社 御祭礼
JR横浜線 小机駅100周年記念行事
平成21年6月リヨン市長 横浜市会 来訪 歓迎囃子
12月岸根杉山神社 除夜祭
平成22年3月横溝一男師匠 叙勲祝賀会(新横浜プリンスホテル)
4月寅薬師 御開帳(貴雲寺)
7月袢纏新調(4代目)
10月明治神宮 秋の大祭 奉納囃子
11月城郷小学校 110周年記念式典
平成23年第11代目新稽古始
7月浴衣新調
10月港北区民まつり
11月横浜農協まつり
平成24年2月篠原西小学校 お囃子体験教室(3年生)
3月稽古場移転(新横浜陶芸教室2階)
10月蛇骨神社 御祭礼
平成25年5月第1回港北区民俗芸能のつどい(港北公会堂)
11月貴雲寺 晋山式
平成26年5月明治神宮 春の大祭 奉納囃子
6月学生国際フォーラム 大倉山記念館
11月リヨン姉妹都市提携55周年記念行事(海外公演)
平成27年第12代目新稽古始
横浜文化賞 贈呈式(みなとみらいホール)
横浜農協まつり
平成28年2月港北区スポーツシンポジウム(港北公会堂)
山崎登志郎氏叙勲祝賀会(ソシア21)
3月城郷小学校 お囃子体験学習
横浜文化賞 受賞祝賀会(ソシア21)

主な活動内容のご紹介

岸根町内の行事参加

岸根杉山神社での除夜祭・元旦祭、新年の獅子舞巡行、餅つき大会、盆踊り大会、敬老を祝う会など、岸根町内で開催されている行事でお囃子を披露しています。

杉山神社 除夜祭

杉山神社 除夜祭

元旦祭

杉山神社 元旦祭

新年獅子舞

新年獅子舞

餅つき大会にて

餅つき大会にて

盆踊り大会

納涼盆踊り大会

杉山神社御祭礼(岸根まつり)

杉山神社御祭礼

近隣地域のイベントへの参加

小学校や団体行事、新横浜など近隣地域のイベントにも参加しております。

岸根高校 文化祭

岸根高校の文化祭「岸高祭」にて

新横浜パフォーマンス

新横浜パフォーマンス

セラピ新横浜

セラピ新横浜

海外文化交流

横浜市と姉妹都市提携を結んでいるカナダのバンクーバーやフランスのリヨンなどに文化交流を深めるために定期的に訪れています。

横浜・バンクーバー文化交流

横浜・バンクーバー文化交流

横浜・リヨン文化交流祭(45周年記念)

横浜・リヨン文化交流祭(45周年記念)

横浜・リヨン文化交流祭

横浜・リヨン文化交流祭(55周年記念)

他町 神社御祭礼への巡行

近隣の神社(松見町杉山神社・篠原八幡神社・片倉杉山神社・愛宕町祭礼・新吉田若雷神社・新横浜蛇骨神社)に出向き、御祭礼に参加しております。

その他の定例活動

新年会・稽古始・通常総会・稽古納
稽古日:毎週土曜日午後7時3o分〜

入会のご案内

現在、岸根囃子連では新たなメンバーを募集しております。
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。