可搬式小型ポンプの操法訓練

 8/5(日)午前10時から、横浜地下鉄の新羽車両基地にて、港北消防団夏季訓練会が酷暑の中開催されました。参加した消防団員の皆さんには心から敬意を表したいと思います。

 訓練会では、区内各分団から選出された7チームが、可搬式小型ポンプ操法に日頃の訓練成果を披露してくれました。日常は、それぞれの職業に就いている団員が、この日のために集まり、より早く、より正確に、より安全にポンプを操作し、消火につなぐための出来栄えを競うことで、団員としての技量の習熟と向上、そして、危機的な状況の中でも仲間を信頼することができるチームワークの醸成を目指しているように感じます。それらを見聞きするにつけ、地域の安全と安心の確保にとって心強いばかりであります。

 今年は、第1分団の代表として第3班がチームを編成し、5月から3か月余りの訓練を行い、見事、最優秀賞を獲得しました。かっての仲間たちに心から祝福をお送りします。 (浜田記 7)

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください