岸根公園入口

岸根公園 開園前の秘話

岸根公園は、横浜市港北区岸根町に存在し、広域避難場所に指定され、現在多くの皆様に親しまれている。戦前戦後通して感慨深い歴史があり、様々な方向で活用され、漸く本来の公園に又、大災害時の広域避難場所に指定されております。岸根 […]

1/20 岸根公園(篠原池)

大寒の今日、晴天で明るい日差しの中でありますが、風は冷たく本格的な冬を感じます。篠原池も来るべき春に向けて沈黙しているようです。大きくなった鯉たちは元気に泳いでいました。春よ来い!早く来い! (浜田記)

年末公園の輝き

               早朝の6時ごろ朝焼けを目撃した。深紅の朝焼けは、葉 […]

12/23 岸根公園(篠原池)

23日の篠原池は、周囲の落葉樹は葉を落とし、池の真菰は緑が消え冬支度が整った様子です。これからは、水鳥が目を楽しませてくれることでしょう。(浜田記)

晩秋の公園を楽しむ-13

公園の木々は、紅葉の時季を過ぎ、晩秋の美しさが今見ごろになっています。木々の緑はなく、寒々しい雰囲気が漂っていますが、投稿した木は、今が散る間際の美しさを青空に輝かせています。 メタセコイアは、当初は日本を含む北半球で化 […]

晩秋の公園-12

正式にはアメリカフウというが一般的にモミジバフウと呼ばれ、公園や街路に使 われることが多い。原産地やヨーロッパでも街路樹として利用されることが多く 、特にドイツでは有数の公園樹とされる。(庭木図鑑 植木ペディアから抜萃) […]

11/12の岸根公園(篠原池)

篠原池を囲む桜は葉を落とし冬支度を始めていますが、他の木々の葉っぱは紅く黄色く色づいています。広場では、保母さんに連れられた子どもたちが歓声を上げていました。感染症が気になる冬が近づいています。(浜田記)

木葉の舞う公園-11

 木の葉の色づきにも順番が、始めがサクラ、ハナミズキ、ユリノキ、モミジバフウ、そしてこれからがイチョウの黄色が美しい。今は、木の葉が落ちて風に吹き散らされ、歩道に舞い上がり、その上を歩くとカサカサと秋の音がする。11月は […]

紅葉が美しい木々-10

         公園は、今秋真っ盛りになり、いろいろな木々が紅葉しています。その代表としてユリノキとケヤキの木を投稿しました。特 […]

10/18岸根公園(篠原池)

秋雨が続く中、18日の日曜日は久しぶりに晴れ間となり、公園には親子連れで賑わっていました。篠原池は、秋色になりつつあります。(浜田記)

秋の象徴・キンモクセイ-9

秋になるとオレンジの花を枝に密生させて咲き、強い甘い香りを放つキンモクセイは、香りの強い花をつけることから、三大香木(さんだいこうぼく)と言われて親しまれています。日陰でも育ち、初心者でも育てやすいため、人気がある庭木で […]