港北つなぎ塾での事例紹介

インターネットやSNS等を利用し、情報発信や情報共有を行い地域活動を発展・継続させようとする試みとして、区役所と新横浜新聞とが共催して「港北つなぎ塾」を開催されます。この中で「岸根町うぇぶ」が事例紹介の一環としてその概要を発表することになりました。以下にその内容を掲載します。

「港北つなぎ塾」は、2/9・23・3/2の3日間、午前9時から12時まで、区役所4階の会議室で開催されます。受講料は無料です。興味のある方はご出席ください。

「港北つなぎ塾」事例紹介 

「岸根町うぇぶ(https://kishine.net/)」の概要 

1.WEBサイトの設立

 (1)目的は  ①活動内容の見える化による理解の促進。

         ②町内会活動に於いては、第3の広報手段の確保。

 (2)運営は「岸根WEB運営委員会」

   ①目的は、「岸根町うぇぶ」の円滑な運営。

   ②メンバー構成 ◆町内会;7名 ◆奉賛会;2名 ◆消防団;2名 ◆囃子連;1名

   ③開催頻度 4回/年

   ④主な内容 ◆WEB管理者からのアクセス解析等状況報告

         ◆運営上の課題解決 等 

2.WEBサイト設立の経緯と現状

 (1)町内活動団体が抱えている課題やニーズ

   ①活動内容を多くの住民に知ってもらいたい。

   ②会員・仲間・担い手を増やしたい。

   ③時代認識(ぼちぼちインターネットの時代だよね!) 等々

 (2)経 緯

   ◆H28/1頃 専門家(町内に在住し、地域活動にも参加している人)にアウトライン設計を依頼。

   ◆H28/3頃 町内会理事会にて提案し賛同を得る。

   ◆H28/5 町内5団体で検討会を開催し賛同を得る。

     6月に検討会を「岸根WEB運営委員会」に名称を変更。以降、毎月委員会を開催し準備を進める。

   ◆H28/9/29 完成し公開する。

 (3)サイトの現状(H30/12現在)

   ①公開(H28/10)以降のアクセス状況

    ◆ユーザー数 ; 9,732人(360人/月) 

    ◆セッション数;17,625回(653回/月)

   ②推 移(月毎)

 

3.課題や苦労話など

 (1)立ち上げ(公開)まで

   ①アウトライン設計が良かった。

   ②コンテンツの作成・・・基本的には各団体が作成する。

    ・幸いにも各団体には、データ化された資料が蓄積されていた。

   ③立ち上げ費用の捻出。

    ・費用の85%は町内会が負担。(予算措置をしていた)

   ④セキュリティーの確保。(特に個人情報)

    ・連絡先や映像の掲載

     (老人クラブの掲載は取り止めた)

    ・サイトに係るセキュリティーはWEB管理者が確保。

 (2)サイトの更新等運営上のこと

   ①サイトへの情報掲載可能者は運営委員の12名。

    ・情報掲載可能者の拡大と情報の質の確保。

   ②様々な試み

    ・行事への参加者募集案内と回答(片方向から双方向へ)

    ・他者との協働(県立岸根高クラブ活動との協働)

 (3)今後の課題

   ①サイトの信頼性向上とタイムリーな情報掲載。

   ②お役立ち情報の選択掲載。

    ・子育て中のママさんからは「あまり面白くない」

   ③ユーザー数の拡大。 360人/月 ⇒ 1,000人/月へ

   ④認知度の向上。⇒ 住民の60%以上が見ている。

   ⑤有料バナーの掲載 ⇒ 運用費用の捻出

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください