11月の「きしねの郷」

11月25日(月)毎月25日恒例の「きしねの郷」がクラブで開催されました。

本日の特別企画は「災害時の非常食の作り方」です。講師には家事全般のコンサルティング、指導で幅広く活躍中の佐藤美香さんをお迎えし「パッククッキング」を指導していただきました。

おこわ、温かいそうめん、蒸しパンの3種類を全員で作りました。例えば温かいそうめんの材料はそうめん200g、水1カップ、めんつゆ大匙1、ネギ少々です。パッククッキングッはポリ袋に食材を入れて湯せんすることで中の食材に火を通していく調理法です。災害時にライフラインが失われてもカセットコンロ、鍋、水があれば家庭内の食材で温かい料理がいただけるわけです。

       

 

出来上がったものは16名の参加者全員でいただきました。「結構いけるね」「思ったより旨いよ」などと話がはずみ楽しい食事会になりました。

「これで今日の昼ごはんは十分だね」などと語り合いながら昼前に閉店しました。

楽しい会を指導いただいた佐藤美香先生、ありがとうございました。

次回12月25日(水)は10月に作ったクリスマスリース等をかざりクリスマスパーティーを開催します。奮ってご参加ください。  ( 西倉 記 )

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください