境内大掃除等の結果

 

立て看板、鳥居と大注連縄
立て看板、鳥居と大注連縄

新年を数日後に迎える本日、1~4の当番組、役員、有志の方々20名が朝の寒さの中、8時に集まり約2時間「年末大掃除」を行いました。

 

境内の枯れ枝、落ち葉の量は多く、燃やして残った灰は穴を掘り埋め立て、社殿の社には、注連縄や紙垂(しで「和紙でできた飾り」)を交換し、社の前の案(あん「桧造りの台」)には、洗米、神酒、塩、鏡餅、海魚、野鳥(玉子)、野菜、果物、乾物等を三方に飾り、お供えし新年を迎える準備が整えました。

また、年末年始の行事である「除夜祭・元旦祭・どんど焼き」の開催日、時間をお知らせする立て看板を町内に設置しました。

除夜祭は、大晦日、午後11時半ころから始め、元旦・午前2時ころまで甘酒、ミカン、菓子等を準備しお待ちしておりますので、初詣にお出かけください。

手水舎
手水舎
掃除された境内
綺麗に掃除された境内
三方のお供えもの
三方のお供えもの

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください