大晦日のお参り「除夜祭」

境内は、焚火、水銀灯、裸電球が灯火されて、鳥居や社殿が闇の中に浮かび上がっている。

午前0時、港から聞こえる汽笛の音を合図に初詣が始まった。真夜中の寒さは感じないような温かい新年を迎えた人々が次々にお参りし、また、”明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。”等と新年のあいさつが顔知り、見知らぬ者同士で交わされている。

また、奉賛会が前夜から振舞いとして準備していた甘酒やミカンを受け取る等除夜参りの雰囲気を楽しんでいる。その姿は、人々を迎えた喜びでもあった。

 

準備を終え参拝者を待つ
準備を終え参拝者を待つ
午前0時前
午前0時前、順番を待つ人々
たき火を囲む
多くの人々がたき火を囲む

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください