幽玄の一時・除夜祭

令和元年から2年へは、北風が吹く、寒さの中で新装なった舞殿山車小屋を使用し、除夜祭を行いました。

闇夜に浮かび上がったものは、この世のものかと❓ 思うような舞殿があり、その舞台の壁には、今はないツバキの巨木が浮かび上がっていました。

新年を迎えると同時に港から鳴り響く霧笛の音も素晴らしく、参拝者の人々は、しばし幽玄の時を過ごし、寒さしのぎの甘酒を楽しみました。(投稿者後藤)

闇夜の舞殿
今はないツバキ
初詣を迎える拝殿
参拝後の団欒
初詣の参拝者

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください