上棟式典を終える

棟木に近いところにくくりつけた「幣束(ヘイグシ)」
境内の伐根、整地

昨日、梅雨の晴れ間に「舞殿並びに山車小屋」新築工事の上棟式典を終えることができました。

この上棟式典は、岸根杉山神社奉賛会が創建500年記念事業として町内4団体と共に実施しているもので、令和元年6月10日に地鎮祭を挙行し、以来約2ケ月。この間整地、基盤、鉄筋、型枠等の諸工事を行い、昨日建物の棟上げを終えました。

秋の例大祭は、新築した舞殿で実施できるよう実行委員会委員が一致団結し、ご奉賛された皆さんのお心に沿うためにも、竣工するよう努力する決意です。

今後とも、ご支援ご協力をよろしくお願い致します。投稿:後藤

基礎の型枠工事
舞殿の棟上げ完了

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください